業務スーパーで買えるおすすめオートミールをご紹介!ラトビア産・チェコ産・その他

業務スーパー オートミールの購入

海外の一流モデルやアスリートが食生活の中に取り入れているとして人気の食材があります。それはオートミールです。しかし、どこで買えばよいのかわからないという方もいることでしょう。ドラッグストアやスーパー、ネット通販などどこでも購入することができますが、毎日継続して食べるものなので少しでも安い方が良いという方も多いかと思います。

そうなると業務スーパーで買うのが最もおすすめです。そこで今回は業務スーパーで買えるおすすめオートミールをご紹介します。

業務スーパーで買えるオートミールの特徴

業務スーパーでは、ほとんどどの店舗でも1種類しかオートミールは置いてないということはなく、いろいろな種類が置いてあります。2~5種類程度の品揃えで営業している店舗が多いです。

特にラトビア産、チェコ産、カナダ産のオートミールを扱っている店舗が多いという特徴があります。この3種類は置いているという店舗が多いので、違いを理解しておくと選ぶ時に役立ちます。産地別の特徴をご紹介します。

コスパ重視ならこのオートミール!

「毎日食べるものなので少しでも安く購入したい」「味や風味よりも価格が気になる」と価格を重要視している方にはラトビア産のオートミールがおすすめです。ラトビア産の大きな特徴はとにかく価格が安いということです。他の産地のものと比較して1/3程度の価格で売られていることもあるので、人気を誇っています。安いからといって品質が悪いということはありません。他の産地のものと品質を比較しても大差なく、味もほとんど変わりません。

業務スーパーであれば500g入り100円程度で販売されています。1食当たりに換算すると10円以下で食べることができるのです。この安さはコスパ重視の方は大きな魅力といえるでしょう。

また、ラトビア産のものは粒が大きいという特徴もあります。しっかりと麦が残っており、丸ごとの形で売られていることが多いです。粒が大きいととろみが出にくくなりますが、食感が残りやすくなります。ぷちぷちとした食感を楽しみたい、コスパを重視したいという方はラトビア産のオートミールがおすすめです。

時短したいならこのオートミール!

オートミールの魅力の1つに調理が簡単であるという点が挙げられます。食事の時間を長くとれないビジネスマンや子育てや育児に忙しい主婦に人気なのはこの魅力があるからです。ただでさえ調理が簡単なオートミールですが、その中でも調理時間の時短を重視する方にはチェコ産のものがおすすめです。チェコ産のものは他の産地のものと比較して粒が小さいという特徴があります。粒を潰した状態で売られているので、加熱に時間がかかりません。

そのため、調理時間を短くすることができるのです。オートミールを食生活の中に取り入れている方の中には朝食として食べているという方が多いです。朝時間をかけずにささっと調理できれば、時間の余裕を作ることが可能になります。朝の時間帯は忙しいので、これまで朝食を摂っていないという方であってもチェコ産のものであれば簡単に調理することができます。これから朝食にオートミールを取り入れるというからは業務スーパーでチェコ産のものを購入すると良いでしょう。

また、粒が潰されているためにとろみが出やすいという特徴もあります。ぷちぷちした食感オートミールの醍醐味ですが、それよりもとろとろとした状態で食べたいという方もいることでしょう。食感の重要性はオートミールを使用してどのようなレシピを作るのかによっても変わります。お粥など比較的どろどろとしたレシピを調理することが多いのであればチェコ産のものは相性抜群なのでおすすめです。

味わい重視ならこのオートミール!

「口に入れるものなので、品質が良くないと心配」「毎日食べるものなので、味が良くないと続けられない」という方もいることでしょう。味や品質重視の方にはおすすめなのはカナダ産のオートミールです。味わい深く、高品質と人気を博しているのがカナダ産です。オートミールは袋に入れて売られていますが、ラトビア産やチェコ産のものにはチャックがありません。

しかし、カナダ産のものにはチャック付きの袋に入れられているので、保存が簡単であるという特徴があります。簡単な違いですが、チャックがあるのとないのとでは保存状態に大きな差が出てきます。カナダ産のものが味わい深い理由には保存がしやすいということが要因の1つとして考えられるでしょう。他の産地のものはチャックがないので、酸素に触れてしまい劣化してしまったり、虫がわいてしまったりする可能性もあります。

しかし、チャック付きであれば安心です。他の産地ものでもジップロックやユニパックに移し替えれば良いのですが、カナダ産のものであればその手間が省けます。

形状に関しては、ラトビア産のものと同様に丸ごとの形になっているため、食感を楽しむことができます。他の産地ものと比較してふっくらとした状態なので、食べやすいという特徴があります。加熱すると硬さが残らないので、優しい味わいを重視するならカナダ産です。お年寄りやお子様がいる過程では硬さの残らないカナダ産のオートミールがおすすめです。

まとめ

オートミールと一口にいっても種類や産地で味わいや価格は変わります。自分がどのような部分を重視するのかによってオートミール選びは変わってくるのです。価格を重視するのか品質、味を重視するのかによっても変わってきますし、いつも作っているレシピとの相性によっても変わってきます。オートミール生活において、自分が何を重視しているのか考えてみましょう。

すると、どの産地ものを選べばよいのか答えは見えてきます。また、いろいろな産地のオートミールを食べ比べてみるのも良いでしょう。

さらに、レシピによって産地を使い分けるという方法もあります。それぞれの産地の特徴を押さえておけば、これからのオートミール生活の中で役立つことでしょう。その時の状況で最適なオートミールを選んで、オートミール生活を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました