カラス麦、オートミール、燕麦の違いとは?それぞれの定義と利用方法を紹介!

カラス麦 オートミールの知識

現在我々日本人が生きている時代は人生100年時代と言われる時代に突入してきました。これは、医療の発達により長生きすることが可能になったからです。しかし、100歳まで生きることができても健康でなければいろいろな問題が出てきてしまいます。

介護の問題によって家族に負担をかけてしまうこともあるので、ただ100年生きるのではなく、健康に100年生きることが重要なのです。

そんなこと影響してか最近では健康を意識する若年層が増加しています。そんな方に支持されている健康食品がオートミールです。

健康に生きるためにオートミールを食生活に取り入れようと考えている方も多いのではないでしょうか?そこでオートミールをインターネットで検索してみると、燕麦、オーツ麦、カラス麦、インスタントオーツ、ロールドオーツなどオートミールに関連する聞き慣れない単語が目立ちます。

そこで、今回はカラス麦、オートミール、燕麦の違いや利用方法について解説していきます。

カラス麦とは?

カラス麦とはイネ科の植物です。原産国はヨーロッパから西アジアにかけての地域となっています。なぜこのような名前がついているのかというと、カラス麦は稲穂の先が2つに分かれており、その形がまるでカラスのようだということが由来となっています。

春から初夏にかけての野草として見られます。もともと麦畑に生えてくる雑草という扱われ方をしてきました。そのため、食用ではなく、家畜の餌として使用されてきた歴史があります。

しかし、実際には食用として適していることや産業技術の発達によって徐々に食用として使用されていきます。今では世界中で食されるようになっており、いろいろな加工を加えて食べやすく調理しやすいようになっています。

カラス麦、オートミール、燕麦の違い

野生種であったカラス麦を栽培化した穀物が燕麦であるとされています。カラス麦の別名を燕麦と呼ぶこともあります。

このようなことからカラス麦と燕麦は同一のものであるといえます。つまり、カラス麦=燕麦であるため、その違いはありません。

このカラス麦=燕麦を原料として加工した食品をオートミールと呼びます。カラス麦はそのまま食べることができないので加工する必要があるのです。

加工方法は皮むき、挽き割り、ローラーで潰すなどがあります。加工に具合によってオートミールの種類も変わってきます。

これによって風味や食感に違いが出てきます。すぐに食べたいなら加工工程の多いオートミール、調理を加えて食べるのなら加工工程の少ないオートミールのように用途によって使い分けることも可能です。

利用方法

主な利用方法としては水を加えて加熱する方法です。鍋で煮込むことも可能ですが、簡単に済ませたい方は電子レンジで加熱するのでも問題ありません。このような手軽さからオートミールは人気を博しているのです。

もともと食用でなかったということからもわかるようにとても美味しいとは言い難い味が特徴です。食べ初めはプチプチとした珍しい食感から問題なく食べられるという方でもそのシンプルな味に飽きてしまう方がいるのも事実です。

しかし、心配はいりません。そのシンプルな味わいからいろいろな料理に取り入れることが可能です。オートミールを使用したグラノーラやカレー、グラタン、ドリアなどいろいろなレシピを作ることが可能なのです。

そのようなレシピを作るのは面倒だという方もいることでしょう。そんな方はトッピングをするのが良いでしょう。ナッツやドライフルーツなどをトッピングするだけでも味わいが変わるため、食べやすくなります。

まずは、そのままのオートミールを味わって、飽きてしまったらトッピングやレシピなどを活用するという利用方法がおすすめです。

どのような人に向いている?

オートミールは手軽に健康を維持したい方は向いています。

まず、オートミールの大きな特徴は調理に時間がかからないという点です。数分で調理可能なため、とりあえず健康食品を食べてみたいという方に向いているといえるでしょう。

また、オートミールは高い栄養価が特徴です。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。偏った食生活を送っている方は1食だけでもオートミールに変えることで栄養分を補うことが可能になります。

特にオートミールは女性の方におすすめです。女性は食物繊維が不足しており、便秘がちな方も多いです。いろいろ食品から1日に必要な食物繊維を摂取しようとすると大変です。ゴボウやブロッコリー、切り干し大根には豊富な食物繊維が含まれていますが、毎日食べるのは難しいでしょう。

関連サイト:食物繊維の働きと1日の摂取量

オートミールには水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。手間をかけずに毎日しっかりと栄養素を補給したい方はオートミールを食生活に取り入れると良いでしょう。

まとめ

カラス麦、オートミール、燕麦など聞き慣れない単語が出てきますが、難しいことはありません。カラス麦=燕麦であり、それを加工した食品がオートミールです。

オートミールが日本で食べられるようになったのは最近の話であり、その歴史は長くありません。100年程度の歴史なので、これからオートミールがさらに改良される可能性もあります。

ただでさえ、簡単に調理できるオートミールですが、今後は美味しく調理された状態のオートミールが販売されたり、オートミール専門のカフェテリアができたり、ファーストフード店のメニューにオートミール商品が並んだりする日も近いかもしれません。

100年という長い人生を健康に生きて行くには日頃の意識が重要です。健康な食事を心がけて運動も定期的に行なうことで健康な老後を過ごすことができるでしょう。

人生100年時代において重要なのは健康寿命です。70歳まで元気でもそれ以降の30年を家族に介護されながら生きていくのはお互いに負担がかかります。単純な寿命だけでなく健康寿命を意識した生活が必要なのです。

その健康寿命を伸ばすには、若いうちからの対策が必要です。オートミールを食生活に取り入れて健康寿命を意識した生活を送ってきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました