オートミールの賞味期限はどれくらい?適切な保存方法は?

賞味期限 オートミールの知識

最近では健康のためにオートミールを食べているという方も多いのではないでしょうか?オートミールは栄養価も高く、低カロリーであることからダイエットにももちろん、筋力トレーニングをしている方にも人気があります。長期保存も可能なことからまとめ買いしている方も多いことでしょう。

しかし、オートミールの賞味期限がどれほどなのか把握している方は少ないのではないでしょうか?いくら長期保存が可能とはいえ賞味期限は存在しています。また、適切に保存していなければ賞味期限よりも早く劣化してしまうこともあります。

そこで、今回はオートミールの賞味期限について、適切な保存方法について詳細に解説していきます。

オートミールの賞味期限

オートミールの賞味期限は未開封の場合には約1年です。これは目安ですので各メーカーが表示している賞味期限は多少前後することはあります。未開封の場合には1年も賞味期限があるオートミールですが、開封してしまうと賞味期限は短くなります。開封後の賞味期限は約2ヶ月なので、開封したらなるべく早く消費しましょう。

さきほど紹介した賞味期限はあくまで目安であり、適切に保存した場合です。湿気の多い場所や直射日光にあたる場所で保存した場合にはさらに賞味期限が短くなる可能性があります。適切に保存して劣化を防ぎましょう。

賞味期限切れになってしまったら

賞味期限切れのオートミールを放置してしまうとどうなるのか気になる方も多いでしょう。賞味期限切れのまま放置してしまうとカビが生える、虫が湧いてしまうなどの可能性があります。こうなってしまったら捨てる以外に方法はありません。発見次第すぐに破棄しましょう。

すぐに破棄しないとオートミールに発生したカビや虫が他の食品に影響を与えてしまうこともあります。特にシンクの下にオートミールを収納している方は注意が必要です。湿気の多い場所ではカビや虫が湧きやすいです。

シンクの下に保存しておいたオートミールを数ヶ月忘れて放置してしまうと悲惨な状況になっていることが多いです。こまめにオートミールの状況をチェックしましょう。

賞味期限がわからなくってしまったら

オートミールを開封して他の容器で保存している方もいることでしょう。賞味期限が表示されていた袋も捨ててしまい賞味期限がわからなくなってしまったということもあり得ます。その場合には捨てようか食べようか迷ってしまう方も多いです。

しかし、そこまで過敏になる必要はありません。もともと長期保存できる食品なので、数ヶ月以内に購入したものであれば問題なく食べることができます。

どうしても心配という方は思いきって捨ててしまいましょう。オートミールは安く購入できるので、捨ててしまってもまた購入すれば良いでしょう。

心配な気持ちを持ちながら古くなっているかもしれないオートミールを食べ続けるよりも、数百円で新しいものを購入した方が安心できます。虫やカビが生えていない限りは、基本的には問題ありませんが、どうして心配な方は新たなオートミールを購入しましょう。

適切な保存方法

オートミールの保存はとても重要です。保存方法で賞味期限が変わるので、適切な方法で保存する必要があります。オートミールを保存する上で避けなければならないのが湿気と直射日光です。

湿気を避けるための対策としてはジップロックやユニパックなどチャック付きの袋で保存することです。チャック付きの袋の状態で販売されているオートミールであればそのまま保存すれば問題ありません。チャックのついていない袋で販売されているオートミールを購入した場合にはジップロックやユニパックを用意しましょう。

また、コスト面を考えると大容量のオートミールを購入した方がお得です。しかし、適切に保存することができずに捨ててしまうことになれば意味がありません。週に何度かしかオートミールを食べないという方は個包装のオートミールを購入すると良いでしょう。個包装であれば未開封の状態で保存することができるので、保存も簡単です。

オートミールを適切に保存するためには直射日光も避けなければなりません。直射日光を避けようと思うとシンクの下など湿気のある場所になってしまいがちです。しかし、シンクの下は、直射日光は避けられても湿気を避けることができないので、保存場所としては適していません。自宅の中で水場から遠く、日陰になる場所を探しましょう。

しかし、自宅になかなかそのようなスペースがないという方は冷蔵庫でも保存がおすすめです。冷蔵保存することも可能ですが、結露ができてしまって湿気が気になります。冷凍保存であれば劣化を最小限に抑えて保存することが可能です。

しかも、冷凍保存したオートミールを調理する時には解凍の必要がありません。そのまま、電子レンジで加熱したり、スムージーに入れたりと応用の幅が広がります。加熱調理済みのオートミールを冷凍保存しておけば、自然解凍でそのまま食べることも可能です。時間に余裕のある時に加熱調理して冷凍保存しておけば時間がない時に手軽にオートミールを食べることが可能です。

お弁当として会社や学校に持参して自然解凍によってランチの時間に完成するというのも良い方法です。冷凍保存は便利で汎用性があり、使い勝手が良いです。冷凍庫にスペースがある方はオートミールを冷凍保存してみましょう。

オートミールの賞味期限:まとめ

オートミールの賞味期限は長く、長期保存ができるのが大きな魅力です。しかし、保存状況によっては劣化を早めてしまい、賞味期限前に虫が湧いてしまったり、カビが生えてしまったりすることもあります。

このような自体を避けるためにもオートミールの保存はとても重要です。チャック付きの袋で保存する、湿気を避けて保存する、冷凍庫で保存するなど適切な保存方法はいろいろとあります。長期保存ができるという大きなメリットを活かせるように適切に保存しましょう。

また、賞味期限は未開封の場合は1年、開封後の場合は2ヶ月という目安があります。これを目安にオートミールを破棄するのかどうかの判断基準にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました