オートミールの欠点とは?各決定に対する対策も一緒にご紹介!

欠点 オートミールの注意点

ダイエット食品や健康食品として徐々に知名度を上げている食品があります。それはオートミールです。オートミールは糖質も低く、カロリーを抑えることができながら、健康に必要な栄養素も摂取できるといろいろなメリットがあります。

また、手軽に作れていろいろレシピに応用可能などのメリットも紹介されていることが多いです。

しかし、これほどまでにメリットばかりの食品なのでしょうか?どのようなものでもメリットがあれば、デメリットが存在しています。そこで、今回はオートミールの欠点とその対策方法をご紹介します。

オートミールの欠点

オートミールのメリットは健康を維持するために必要な栄養素が摂取できる、低カロリーでダイエットに向いている、簡単に作れるので気軽に始められるなどが挙げられます。

メリットを挙げればキリがないほどの食品ではありますが、欠点が3つ存在しています。3つの欠点を1つずつご紹介していきます。

オートミールの欠点として真っ先に挙げられるのが、その味です。オートミールを食べ始める方は、まずそのまま食べてみることが多いでしょう。そのままとはいっても水を加えて電子レンジや鍋で加熱するという基本的な調理はします。基本的な食べ方だとオーツ麦の味をそのまま楽しみという方法なので、その単調な味に徐々に飽きてしまう方が多いです。

これは、ご飯でいえば白米だけ、うどんでいえば素うどん、パスタでいえばソースをかけずに麺のみという食べ方になります。そう考えると飽きてしまうのは当たり前です。飽きてしまうどころか味がまずいので、オートミール生活を辞めてしまうという方さえいます。そのまま食べるのはまずくて難しいというのは大きな欠点といえるでしょう。

食べ過ぎてしまう

次に考えられるオートミールの欠点は食べ過ぎてしまうことです。食べ過ぎてしまっても低カロリーなのでそこまで大きな欠点なのではないかと考えている方も多いかと思います。

しかし、食べ過ぎてしまうことで食物繊維を摂り過ぎてしまうというリスクがあるのです。食物繊維を摂り過ぎてしまうとお腹が緩くなり過ぎたり、おならがよくでてしまったりなど体調不良を起こしてしまう可能性があります。

現代の日本人は食物繊維が不足していると言われています。しかし、健康に気を使っていて野菜からしっかりと食物繊維を摂れているのにもかかわらず、さらにオートミールから食物繊維を摂取してしまうと過剰になってしまう可能性があります。

お腹が緩くなり過ぎたり、おならがよくでてしまったりすると仕事や学校の授業に集中することができずに、日常生活に支障が出てしまいます。食べ過ぎには気をつけましょう。

シリアルやグラノーラより手間がかかる

オートミールの大きな魅了は簡単に調理できるという点です。オートミールに水を加えて電子レンジで3分程度加熱すれば完成するというメリットを聞いたことがある方も多いでしょう。しかし、シリアルやグラノーラと比較してみるとどうでしょうか?

シリアルやグラノーラであれば牛乳を注ぐだけで完成です。時間でいえば10~20秒で完成です。これだけでも若干ですが、オートミールの方が、手間がかかります。また、1つ目の欠点でも紹介しましたが、基本的な調理方法ではまずいという方も多いです。そのため、美味しく食べるにはさらに手間をかけなければいけません。

簡単に作れることがメリットとして紹介されているオートミールですが、食べ方によっては手間がかかってしまうこともあります。また、他の食品と比較すると簡単といえるのかと思ってしまう方も多いでしょう。

欠点の対策方法

オートミールの欠点を3つご紹介しましたが、その対策は存在しています。それぞれの対策方法を解説していきます。

味への対策

単調な味であるオートミールへの対策は簡単です。トッピングをしたり、オートミールレシピを作ったりすれば解決します。

基本的な調理方法で作ったそのままのオートミールにもナッツやドライフルーツなどをトッピングしただけでも食べやすさが変わります。ドライフルーツだけでなく、バナナやリンゴ、ミカンなどフレッシュフルーツとの相性も良いのであまり手間をかけずに美味しく食べたい方はトッピングをすると良いでしょう。

時間に余裕がある方はオートミールレシピを作ると良いでしょう。オートミールを使用したお粥やグラタン、カレー、クッキーなどいろいろレシピを作ることができます。ここまで手間を加えればまずいと感じる方は少なくなることでしょう。

食べ過ぎへの対策

健康に良いからといって3食全てオートミールを食べてしまうと過剰になってしまう可能性があります。1日の食物繊維の目標摂取量は成人男性20g、成人女性18gと厚生労働省によって定義されています。オートミール100g当たりの食物繊維は10g程度です。

他の食品から食物繊維は摂取しているので、オートミールを1日に200g食べてしまうと過剰になってしまう可能性が高まってしまうのです。1日のオートミール摂取量は100g以内を目安にすることで食物繊維の過剰摂取を防ぐことができます。食べ過ぎてしまわないようにオートミールの摂取量にも目を向けましょう。

手間への対策

鍋で煮込む時間や電子レンジでの加熱時間がもったいないという方はオーバーナイトオーツを作りましょう。オーバーナイトオーツは、夜の時間を利用します。オーバーナイトオーツとは容器にオートミール、牛乳、ドライフルーツを入れて冷蔵庫で1晩寝かせれば完成という手間のかからないオートミールです。

朝は忙しくて少しの時間でも確保したいという方は、夜の時間を利用できるオーバーナイトオーツを作っておくことで朝の手間を省くことが可能になります。

まとめ

万能な食品と思われがちなオートミールにも欠点は存在しています。しかし、その欠点も知恵を使うことで対策は可能です。欠点を対策すれば、数多くあるオートミールのメリットを快適に享受することができます。

オートミール生活を始めたけれど、欠点が目について辞めたいという方は今日から欠点への対策を試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました