オートミールはカロリーが高い?他の食材とカロリーを徹底比較!

オートミールとカロリー オートミールの栄養

現在、日本でも良好の兆しを見せているオートミール。ダイエットの味方になると話題を集めています。健康や美容に関心のある方の間ではオートミールは最強のダイエット食品とも認識されています。海外でもセレブや有名アスリートがオートミールを食事に取り入れているということで人気です。

そんなオートミールですが、カロリーはどの程度なのでしょうか?巷ではオートミールのカロリーは高いなどという話題に耳にします。そこで、今回はオートミールのカロリーについて他の食品と徹底的に比較していきます。

ダイエットの基本はカロリー計算

まず、ダイエットをしたいのであればカロリー計算をしなければなりません。摂取カロリー>消費カロリーではどんどんと脂肪が蓄えられてしまうため、これを摂取カロリー<消費カロリーにする必要があります。

この計算式が成り立てば良いのではあれば食べなければ良いのでは?と考える方もいることでしょう。しかし、これはあくまで基本的な計算式であり、体の構造はもっと複雑です。実際に食事を摂らずにいると脂肪は減っていきますが、筋肉も衰えてしまいます。筋肉は脂肪の燃焼を促すため、筋肉が少なくなってしまうとむしろ太りやすくなってしまうのです。

それでは、食事は変えずに運動をたくさんして消費カロリーを増やせば良いのでは?と考える方もいることでしょう。しかし、運動でカロリーを消費するのは大変なことなのです。ショートケーキ1個が約350kcalです。これをウォーキングで消費しようとすると体重にもよりますが、90~120分程度の運動が必要になります。

アスリートのようなハードな運動ができる方であれば消費カロリーを増やしていくということも可能ですが、これまで運動をしてこなかった方には難しいです。

そのため、極端に摂取カロリーと消費カロリーを変えるのではなく、適度に摂取カロリーを減らして適度に消費カロリーを上げるという方法で摂取カロリー<消費カロリーという方法が最も現実的で成功しやすいダイエット方法なのです。適度に摂取カロリーを減らす時にオートミールは大変役立ちます。

関連記事:オートミールは筋トレに最適?その理由と効果的な食べ方をご紹介

オートミールのカロリーは高い?

オートミールは健康に良くて糖質制限ダイエットにも向いているけれど、カロリーが高いという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。実際はどうなのでしょうか?他の食品と比較してみましょう。

100g当たりのカロリーはオートミール380kcal、白米356kcal、玄米349kcal、食パン264kcal、うどん270kcal、そば273kcalとなっています。これはよくインターネットサイトでも取り上げられているデータです。

そのため、このカロリーを見た方はオートミールのカロリーが高いと思ってしまう方もいることでしょう。実際に100g当たりのカロリーは他の食材と比較して高いので、これでは糖質は制限できてもカロリーは制限できないのではないか?と思ってしまうのも不思議ではありません。

しかし、このカロリー表にはカラクリがあるのです。

関連記事:オートミールは糖質が高いというのは本当?食べ続けても大丈夫?

オートミールは低カロリー!

結論から言うとオートミールは低カロリーです。

なぜかというと100g当たりのカロリーは他の食品よりも高いですが、1食当たりに使用する量が少ないからです。白米の場合、ご飯茶碗1膳で160gあります。オートミールの場合には水を加えてふやかして食べる食品なので1食あたりに使用するオートミールは30g程度です。

このように100g当たりでみるとオートミールの方が、カロリーが高いのですが、実際に1食で100gも使用しません。そのため、オートミールはカロリーが低いということがいえます。

白米とオートミールには大きなカロリーの差があります。そのため、毎食白米を食べているという方であれば1食だけ白米をオートミールに置き換えただけでも1日の摂取カロリーを抑えることができます。それに加えて適度な運動をしていけばどんどんと体がシェイプされていくことでしょう。

脂肪1kgを減らすにはおよそ7200kcalのカロリーを消費する必要があるとされています。消費カロリーを少し抑えて、適度な運動を組み合わせて1日当たり250kcalのカロリーをいつもより消費することができれば1ヶ月で1kg痩せることが可能です。オートミール生活に慣れてきたら2食オートミールに置き換えて、運動強度も上げていけば1ヶ月に3~5kg痩せることも理論上は可能です。しかし、注意点があります。

1ヶ月に体重の5%以上のダイエットは健康を害するとされています。女性の方であれば、生理周期が乱れてしまったり、女性ホルモンのバランスが崩れてしまったりする危険性があります。どんどんと体が絞れてきて嬉しくなってくる気持ちはわかりますが、急激に体重を落とすことはやめましょう。適正量でのオートミール摂取と適度な運動で健康的に体を絞っていきましょう。

オートミールには低カロリー以外にもメリットが多い

オートミールは他の食品と比較して非常に低カロリーであるため、ダイエット食品としては非常に優秀であるといえます。しかし、オートミールが優秀なダイエット食品である理由は低カロリーという理由だけではありません。それ以外にもさまざまな健康効果があるのです。

まず、オートミールには食物繊維が豊富に含まれています。ダイエットをしている方や食事量が少ない女性の方は便秘になりがちです。大便は食事を胃腸で吸収して残った老廃物であるため、食事量が少ない方は大便ができにくいため便秘になりやすいです。そのような状況でも食物繊維を豊富に含んでいるオートミールを摂取していれば便秘の悩みからは解放されることでしょう。ダイエット目的でなくても、便秘解消のためにオートミールを摂取するというもの良い方法といえます。

さらに、オートミールにはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。現代では食の欧米化が進んでおり、意識して栄養バランスを考えていかないとどうしても偏った食生活になってしまいます。なかなか食事からバランスの良い栄養素を摂取することは難しいので健康意識の高い方はサプリメントなどでビタミンやミネラルを補っています。

しかし、オートミールには鉄、マグネシウム、ビタミンB群など現代人に不足しがちの栄養素が豊富に含まれています。低カロリーということだけにこだわれば、他のもさまざまな食品があります。こんにゃくや寒天などが代表的な例といえるでしょう。これらは低カロリーではあるものの、ビタミンやミネラルは豊富とは言い難いです。そのため、低カロリーというだけでなく、栄養面のことを考えてもオートミールは優秀な食品であるといえます。

関連記事:オートミールを食べ続けて得られる効果4選!|栄養成分からご紹介

まとめ

オートミールはカロリーが低くてダイエット食品としては優秀であるといえます。また、腹持ちが良く、空腹感を感じにくくなるためドカ食いを防ぐことも可能です。さらにカロリーだけでなく、食物繊維やビタミン、ミネラルなど現代人に不足しがちな栄養素も豊富に含んでいます。

他の主食と比較してオートミールのカロリーはかなり低いので、1食だけ置き換えるという方法が継続しやすく良い方法といえます。オートミールはそのまま食べると単調な味をしていますが、アレンジを施してさまざまレシピを作ることが可能です。自分の口に合った調理方法が必ず見つかるはずなので、ダイエットのためだけでなく、健康や美容のためにオートミールを活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました