オートミールが不味くなってしまう調理法|オートミールの失敗作り方

オートミールまずい オートミールの注意点

健康によいという話や、ダイエットによいという話しが多いオートミールですが、中には「オートミールは不味すぎて食べられない!」という方も多いのでないでしょうか?

オートミールは調理やちょっとした工夫によって劇的に味などが変わることがあります。ここではよくオートミールを知らない人がやりがちなオートミールを不味く作ってしまう事例をご紹介します。

オートミールがまずいと考えているかは、下記の項目を確認してみてください。

関連記事:オートミールで痩せた人続出?オートミールダイエットの方法を解説!

牛乳でなく水でオートミールをふやかす

オートミールは非常に満足のいく朝食であり、昼食までお腹の中にレンガのように(良い意味で)座っているとう表現が海外ではよく言われています。 確かにかなり腹持ちがよいオートミールですが、それはオートミールとタンパク質を一緒に摂取したときのみです。

それは水と一緒ではその腹持ちは得られません。 オート麦は通常の乳牛乳または無糖豆乳で調理してください。

また、アーモンドやココナッツミルクなども良いでしょう。 両方とも少しな重さとクリーミーさを付け足せます。タンパク質はまだ少ない場合は、ナッツ系、ある種のナッツバターなど、別のソースが必要になります。

小さな食器で料理してしまう

あなただけのためにオートミールを作っているなら、巨大なスープ鍋をつぶす必要を感じないかもしれません。

しかし、オートミールは、大きな泡の形成に非常に優れた粘性のあるテクスチャーを持っています。 また、小さな調理容器を使用する場合は、混ぜる時にこぼれてしまうでしょう。

電子レンジを使って、小さなボールでオート麦を調理する時も同じです。

大きくて深い食器は、あふれてしまうのを防止に大いに役立ちます。

オートミールを加えるタイミングを間違える

オートミール美味しい

電子レンジでオートミールを調理している場合は、あまり関係ありません。

しかし、コンロなどの直火を使っている場合、オートミールを追加するタイミングは、最終的なオートミールの食感や味にダイレクトに影響します。

クリーミーさを目標とする場合は、液体が沸騰したらオート麦を追加します。 オート麦の形を維持したい場合は、熱を上げる前に冷たい液体に入れてください。

塩を加えない

おいしいオートミールでも甘いオートミールでも、ひとつまみの塩を加える必要があります。

タイミングは、調理を開始した直後です。タイミングが大事です。

調理の始めにそれを行うと、オーツの風味豊かな、香ばしい、おいしい味がします。退屈でまるで糊のようなものではありません。 (逆に最後に塩を加えてしまうと、オートミールは奇妙な塩味になります。気をつけましょう。)

オートミールをかき混ぜない

オートミールはかき混ぜることで、気泡が大きくなりすぎる前にすべての気泡を壊すことができるため、爆発する可能性が低くなります。

電子レンジを使用している場合は、オート麦に注意して、できれば45秒ごとにかき混ぜてください。 コンロで調理する場合は、なるべく頻繁にかき混ぜてください。

オートミールの中に溜まってしまう気泡を外に逃すことで、味も食感もクリーミーなテクスチャーを与えます。

調理時間が足りない

精製されたオートミールは調理時間の速さをアピールするものが多いです。事実、オートミールは大変早く調理できます。

だからといって、本当に一瞬ではありません。 柔らかくてクリーミーで美味しいものにするために、調理をして水分を吸うのに時間が必要です。 なので、最低でも5分は調理するようにしましょう。

オートミールがまずくなる理由まとめ

以上オートミールが不味くなってしまう理由をご紹介しました。

オートミールの味が苦手な方も多いかもしれませんが、もしかしたら初めて食べたオートミールは上記の調理法ではなかったでしょうか?

健康的にも、大変有益なオートミールですが、ぜひとも味が苦手な方も上記の調理法に注意してもう一度挑戦していただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました